PC-K56/P7H55-M LX/USB3

20号機
(写真なし)
スペック
建造時 現在
チップセット P7H55-M LX/USB3
Intel H55(+ GIGABYTE SATA2)
CPU/Clock Coire i3 540@Nehalem
3,060MHz(Dual Core)
メモリ DDR3-1333 8GB
(CFD/Elixer 4GB x 2)
HDD Seagate 250GB(SATA 2.5inch)
Western Digital 2.0TB(SATA 3.5icnh, x2)
計3台
ビデオ Onboard(intel GMA)
システム Windows 7
その他 PT2 x 2(PCI)  
消費電力 未計測

●紹介&概要

 所謂、録画鯖です。19号機の後継機です。デジタル放送の録画のさらなる安定化と多重録画を実現するために構築しました。

 録画マネージャは相変わらずTVrockで、24時間電源ON運用です。このサーバの導入で、19号機は単なるクライアント端末に格下げになりました。

●建造のポイント

 ケースはファン等の交換が必要となりうるものについては、可能な限り20cmファンなどの特殊なパーツを排除したものを選定しました。
 また、ツールレスを採用し障害が発生しても速やかに復旧できるようにしています。

 MB周りはCore iシリーズとDDR3、USB3の標準搭載機となり、(当時としては)(鯖の割に)意欲的なな構成となっています。
 これにより19号機と比較してポストプロセッシング実行時の録画失敗可能性の低減と、メンテナンス時の速度の向上を図っています。

 電源も80PLUS Silverを採用し、24時間動作における消費電力の低減を図っています。
 また初めてフルプラグインを採用し、ケース内のメンテナンス性向上とエアフロー改善を行っています。

戻るホーム