自作7号機(15号機)

自作7号機

2008年08月15日撮影
ケースは14号機のH360Cシリーズの色違い。
まだ、SDを付けていない状態の写真です。
スペック
建造時 最終形態
Mainboard VIA EPIA LN10000EG(ファンレス)
CPU/Clock C7 Eden@Esther 1000MHz(Onboard)
メモリ DDR2-533 1GB(PQI 1GBx1, MAX)
HDD Seagate 250GB
SDHC 8GB
Seagate 250GB
CF 32GB
ビデオ VIA Unicrome Pro IGP(Onboard)
システム FreeBSD 7.0R FreeBSD 10.3R
消費電力 約25W

●紹介&概要

 13号機は性能の割にやたらファンが多かったため、思ったより煩く、またMBが低機能なことと、いい加減NetBSDを止めたいと思ったため、移行の意味も含めて組みました。Yuaihoとしては初のファンレスマザーです。

 13号機のMBが低機能・低性能で頂けないのは、まぁ、値段と発売時期を考えると仕方ないのですが、いかんせん、NetBSDの開発の遅さ・VIAへの親和性の悪さには涙が出てきます。どちらかというと、こちらに嫌気がさしてきたのが本音です。
 しかし、13号機はメールサーバです。基本的に長時間停止できないマシンです。従って、OSを入れ替えるには端末をもう一台持ってくるしかありませんでした。

●ハードウエア概要

  細部がやや違いますが、基本的には14号機(PC-2500G)とほぼ一緒です。マザーボードがMini-ITXになっただけのマシンです。ケースも14号機と同じです。

 CPUはファンレスです。そのため比較的大きいヒートシンクが載っています。C7の1000MHzはやや非力ですが、メールサーバとしては十分な性能です。
 コンパイルするとすごく重たくなりますが・・・。

 メモリはとりあえずいきなり最大量を搭載しました。メールサーバ専用機としてはオーバースペックです。でも、最大量積んでおかないと、またいつメモリが値上がりするかわからないので・・・。

 HDDは14号機に続いてSerialATAです。14号機のキャッシュ8MBバージョンです。SDHC 8GBはデータのバックアップ用です。ケースに衝撃を与えてHDが逝かれても大丈夫なように・・・。

 OSは初のFreeBSDです。OSは7.0 RELEASEです。03号機からずっとNetBSDを使ってきましたが、NetBSDの開発の遅さにはいい加減うんざりしたので、FreeBSDにしました。

●引退

14号機同様非常に安定した構成で、電源が壊れて交換したこと以外は8年近く問題なく稼働していました。

14号機と異なりOSのサポート切れの心配はないものの、NWもCPUも性能を抑えた構成だったためその性能の低さが目立ってきました。

更改も考えましたが電源の変換効率が低く、長年の運用が祟ってかOSも所々動作がおかしい&ディレクトリに色々ゴミが多いため、25号機を後釜にして引退させました。

本機が最後まで引退しなかったVIAマザーボード搭載機でした。

性能の割には頑張った機種で、大きな失敗の無い成功した自作機だと思っています。

●歴史的意義

ファンレス機の開拓機で、ブートディスクではありませんがSSDを初搭載した機種です。また、NetBSDの運用を止め、FreeBSD使い始めた最初の機種でもあります。

戻るホーム