GA-D510UD/SST-SG05-BB
改DG41AN/SST-SG05-BB
改H97N-WIFI/SST-SG05-BB


19号機
(写真なし)
スペック
建造時(初期型)
建造時 初期型最終形態
チップセット GA-D510UD
Intel NM10 Express (+ GIGABYTE SATA2)
CPU/Clock D510@PineTrail
1660MHz(Dual Core)
メモリ DDR2-800 2GB
(Transcend 2GB x 1)
HDD Western Digital 320GB(SATA 2.5inch)
Western Digital 2.0TB(SATA 3.5icnh)
計2台
Western Digital 320GB(SATA 2.5inch)
ビデオ Onboard
システム Windows 7
その他 PT2(PCI) Intel CT 1000 GbE
消費電力 アイドル:約35W
負荷時:約45Wぐらい
未計測
第2期型
更改当時
最終形態
チップセット DG41AN
Intel G41 Express
CPU/Clock Celeron 440@Conroe
2,000MHz(Single Core)
メモリ DDR3-1333 4GB
(Silicon Power 2G x 2)
ストレージ Western Digital 320GB(SATA 2.5inch)
計1台
ビデオ Onboard
システム Windows 7
その他
第3期型
更改当時
現在
チップセット H97N-WIFI
CPU/Clock Celeron G1840@Haswell Refresh
2,800MHz(Dual Core)
メモリ DDR3-1333 4GB
ストレージ Transcend SSD 250GB
ビデオ Onboard
システム Windows 7
その他 Dual NIC
BD-REドライブ搭載
電源交換実施

●紹介&概要

 所謂、録画鯖です。デジタル放送の録画の安定化を実現するために構築しました。CPUファンの6cm化とケースはSilver Stoneの押し込み排気式ケースのSST-SG05-BBを採用することによって、掃除の簡略化とメンテナンススパンの長期化を目指しました。また80PLUSによる電気代の削減を目指しています。

 録画マネージャはTVrockです。スリープ等はしていません。外部からは14号機経由でリバースプロキシ接続しています。エンコードはしていないのでスペックはまぁまぁ足りています。GIGABYTE SATAはeSATAとして外に出ています。使われていませんが。 

 NICは蟹ですがCIFSでも結構速度出ます。アイドル30Wを目指しましたが若干オーバしてしまいました。

●改造後(2期)

 20号機が録画鯖になったあとは実家で帰省時のクライアント端末に転向しました。
 録画鯖の時は我慢していましたが、さすがにAtomの緩慢な動作にはイライラしていたので中古で買ってきたマザーボード&CPUにリプレースしました。

 ちなみにCPUは16号機のNEC Express5800/S70 Type SDから持ってきたものです。

 NICがRealtekなのは変わっていません。

●改造後(3期)

 2011年、私はG4を除く全主力機のブートドライブのSSD化を行うべく換装を進めていましたが、19号機2期は投資効果が薄いため換装に二の足を踏んでいました。そのため最後の最後までSSDではありませんでした。

 しかし2014年に突然起動が出来なくなると、「実家だし使える余剰パーツも無いし原因切り分け出来ないから全部パーツ入れ替えちゃえ!」ってことでケースだけ再利用して改造することになりました。

 結果、電源は80+無印から80+ Bronzeに、
MBはDual NICと無線LANが標準に、
ストレージもSSDに、
CPUも一気に現行のコアへと大幅に進化しました。また、スタンドアロン機として使えるようにBD-rayドライブも搭載しました。

 このマシン、ディスプレイが接続されていますが、未だにCRT(Apple Studio Display 17)で使用されています。そのままだと何故か映らないのでアップスキャンコンバータを噛ませてなんとか画面を出しています。

戻るホーム