XS35V3L(24号機)

24号機
(写真なし)
公式サイトをご覧下さい…。
スペック
建造時/現在
チップセット Shuttle XS35V3L
Intel NM10
CPU/Clock Atom D2550
1860MHz x 2 Cores
メモリ DDR3 1333 4GB x 2
※1066 MHzで動作
ストレージ SSD 60GB
SSD 240GB
ビデオ Onboard
(Intel GMA 3650)
システム CentOS 6.7(x86_64)
その他
消費電力(Idle/MAX) 14W / 未計測

●紹介&概要

 14号機(Web)サーバの後継機となるべく購入したマシンです。SSD搭載・完全ファンレスサーバの先駆けとなったマシンです。

 14号機は非常に安定しており、電源を予防交換したものの故障無く動作していました。
 ただCPUがC7-Dと消費電力(発熱)が高い上、筐体がAopenの専用電源を使用するもので低効率(80%未満)で形状も特殊なのが悩みの種でした。

 似たような問題を建造時期や構成が近い15号機でも抱えていたため、
「15号機の更改を一緒に同じ機器でやればいいんじゃね?」
ってことで、15号機の後継機(25号機)と可能なかぎりハードウエアを共通構成にすることで、保守部品(予備)の共通化と保管スペースの圧縮を目指したサーバです。

 またrep2ブラウザを稼働していたサーバでもあったため、
「ストレージをSSDにすれば落下衝撃等で壊れないし、超速いんじゃね?」
と言うことでSSDで稼働する初のサーバとなりました。

 SSDはサーバに不向きといわれてはいますが、このWebサーバは一般に非公開(※)で自分専用の暇なサーバのためSSDで充分です。
※Yuaiho17はレンタルサーバで運用しています。

 また寝室に設置する都合上、無音化が好ましいため完全ファンレスとしました。 

 購入は2013年ですが更改が遅れに遅れ、結局14号機の後継機として稼働を始めたのは2016年03月になってからでした。
 CentOS6系はEoSLが見えており、6→7のアップグレードは出来なくは無いものの難しいため既に引退が見えているマシンでもあります。

戻るホーム