XS35V3L(25号機)

25号機
(写真なし)
公式サイトをご覧下さい…。
スペック
建造時/現在
チップセット Shuttle XS35V3L
Intel NM10
CPU/Clock Atom D2550
1860MHz x 2 Cores
メモリ DDR3 1333 4GB x 2
※1066 MHzで動作
ストレージ SSD 512GB(CFD)
SSD 240GB(Intel)
ビデオ Onboard
(Intel GMA 3650)
システム FreeBSD 10.3 Release(amd64)
その他
消費電力(Idle/MAX) 14W / 未計測

●紹介&概要

 15号機(メールサーバ)の後継機となるべく購入したマシンです。14号機同様SSD搭載・完全ファンレスサーバの先駆けとなったマシンです。

 14号機同様、15号機も7年もの間非常に安定しており、電源を一度故障で交換したものの大きな問題無く動作していました。
 ただ、15号機はCPUの発熱は少ないもののサービス妨害(DoS)攻撃が多い上に、ソースからコンパイルしているアプリケーションが多く色々と性能不足気味でした。
 また、14号機同様電力変換効率の低い電源を使っており、筐体もAopenの専用設計頼め電源の選択余地がありませんでした。

 似たような問題を建造時期や構成が近い14号機でも抱えていたため、
「14号機の更改を一緒に同じ機器でやればいいんじゃね?」
ってことで、14号機の後継機(24号機)と可能なかぎりハードウエアを共通構成にすることで、保守部品(予備)の共通化と保管スペースの圧縮を目指したサーバです。

 15号機で採用されていた、「IDE経由のSDカード(最後はSATA経由のCFカード)にバックアップを行う」というふざけた構成を改め、SSDを2台構成にしてデータの保存先が物理的に異なるSSDにデータをバックアップするように改めました。

 また、メールサーバの構成もバックエンドをテキストベースからMySQLに切替え、Webサーバ経由でアカウントのコントロールが出来るようにしました。

 14号機同様、更改が遅れたため2013年購入の2016年稼働開始になっています。
 2013年当時はSSDがまだ高価だったため、ベアボーンの本体こそ16,800円ですが、SSDだけで8万円掛かってます。価格だけで比較するすると15号機の3倍以上の建造費で、メインデスクトップの18号機より高価なマシンです。

 ちなみに20号機のSSD(60GB)は元々25号機用でした。計画当初は/(Root Directory) 60GB+/home 240GB構成でしたが「バックアップどうすんの?」ってことなり、60GBから512GBに変更しました。

戻るホーム